男性の服装

スーツドレスコードが設定されているレストラン

高級なレストランでは、ほとんどの場合ある程度のドレスコードが設定されています。
インテリアもテーブルセッティングも食器もすべて高級感のあるものですから、やはりお客の服装もそれなりのものであれば、雰囲気になじめますし、特別な空間となりますので、ドレスコードの設定はお店側にも、そこを楽しむお客の側にも大事なことです。

とはいっても、高級店に行き慣れている人ならともかく、ドレスコードが設定されているお店などにあまり行かないのであれば、いったい何を着ていったらいいのか、どこからがマナー違反なのか悩んでしまうかもしれません。
そのため、ある程度基本的なことだけでも知っておくと、その場で困ることもありませんし、妙に堅苦しい思いをしなくて済みます。

レストランによって定義が違う

ドレスコードが設けられているからといって、どの店も同じ基準であるというわけではありません。
ジャケット着用が必須というお店もありますし、ラフな格好でなければ基本的には大丈夫というところもあります。

そのため、初めて行くお店なら、直接聞いてみるのが一番楽で確実でしょう。
お店の方も親切に教えてくれるはずですので、遠慮せずに電話するなり、近くに寄った際に聞いてみるなりするのが一番でしょう。

特に、よく見かける「スマートカジュアル」というドレスコードは、かなり曖昧な定義のため、レストランやホテルによって随分違います。
基本的には、ラフなものでなければ良いですよ、という程度のものですが、周りのお客との兼ね合いもありますので、全体的にどんな装いが多いのかを確認してみる方が良いでしょう。

基本的な服装の範囲は押さえておく

ドレスコードはたいていの場合、そんなに厳しくないものですが、それでも基本的に押さえておくところは覚えていた方が良いでしょう。
たとえば、男性なら肌が多く見えるような格好、たとえばタンクトップ、短い半袖や短パン、足が見えるサンダルといったものは基本NGですので、避けるようにしましょう。
女性はある程度肌が露出しても受け入れられるものですが、男性の場合は異なるという原則を覚えておきましょう。

また、シャツは襟付きのものがベター、という原則もあります。
スマートカジュアルというコード設定なら、ポロシャツでも構わないということが多いですが、さすがにTシャツとなるとNGとなってしまいます。
襟付きか襟なしかで、フォーマル度が大きく変わりますので、押さえておくべきポイントです。

また、服の材質にも考慮すべきで、ジーンズ生地のものは基本的に避けた方が無難です。
ただ、昼間にジーンズとジャケットの組み合わせをするのは大丈夫というところもあります。