高級店のマナー

テーブルマナーお店の雰囲気を守るためのもの

ある程度格式のある、いわゆる高級店ではそれなりのマナーが必要とされます。
服装や身繕い、髪型などの見た目から始まって、テーブルでの作法や会計のやり方など、お店に入るときから最後まで知っておいた方が良いことがあります。

マナーというと堅苦しくて、緊張してしまうような気がしますが、これらは全て特別な場所での時間をより楽しくするためのものです。
特に高級店ではお店の雰囲気を大事にしますので、お客さんの服装などもお店の雰囲気の一部となってきます。
そのため、自分のマナーがお店の雰囲気に溶け込んで、自分が良い雰囲気を造り出していると思えば、楽しくマナーを実践できるでしょう。

まずはやってはいけないマナー違反は知っておく

食事の際のマナーというのは、常識的なものが多いのですが、知らないとやってしまうNGマナーというのもありますので、まずは避けるべき習慣から確認して、マナー違反にならないようにしておきましょう。
日本人は全体的に食事の際の行儀が良いので、常識的なことを気をつけていれば問題ありませんが、ついついやってしまうこともあります。

たとえば、女性なら髪や顔にやたらと手を触れることです。
緊張していたり、そんな癖があったりと、本人は気付かずに行っていることが多いのですが、やはり食事の席ではきれいには見えませんので、特別な席では意識して行わないようにしましょう。

そして、男性なら女性をエスコートせずに、自分のペースで席に行ったり座ったりすることがないようにしましょう。
普段の生活ではあまり気にかけずにいることかもしれませんが、特にフランス料理やイタリア料理のお店では、女性をエスコートするというのが常識的なマナーですので、特別な時間を演出するためにも忘れないようにすると良いでしょう。

服装やメイクもその場の雰囲気に合わせたものを

テーブルでの作法なども大事な要素ですが、見た目にも気を遣って高級店の雰囲気に合う装いをするのも肝心です。
高級なお店にあまりにもくだけた服で来るというのは論外ですが、ちょっと気合いを入れ過ぎて場違いな格好をするというのも避けたいところです。

お店によって違いはありますが、ある程度の装いの基準というものがありますので、心配ならあらかじめ確認しておくと良いでしょう。
自分が良くても相手や周りの方がいぶかしく思うということもあり得ますので、一般的なマナーについて知っておくことはその場の雰囲気を楽しむための鍵となります

マナーは特別な時間をさらに楽しくするためのものですので、前向きな気持ちで学んで実践するといいですね。
最初は慣れずに緊張するかもしれませんが、そのうちマナーも含めて十分楽しめるようになります。