近畿

京都独自の食文化が大きく発展した近畿地方

近畿地方は独自の食文化が大きく発展して、多くの特色あるレストランが存在感を放っています。
というのも、近畿には京都と大阪という食文化において大きな影響を及ぼす二大拠点がありますので、レストランやバーの数も多く、その質も高いからです。
また、大阪圏を中心に経済規模も大きいため、一般的な飲食店や高級レストランが多く、選択肢がたくさんあるという特徴もあります。

京都は日本料理の最高峰が集まる場所であり、必然的にフランス料理や中華料理など、他国の料理も質が高いレストランが多くあります。
繊細で上品な味付けに合わせているところが多くなっていますが、全く新しいスタイルの料理やサービスを提供するお店も多く、伝統と革新の両面を楽しめるのがメリットです。

大阪近辺は、外国人が多いということもあり、たくさんの外国料理のレストランがあり、多彩な料理を試せるのが特色です。
そして大阪独自の力強い食文化と合わさって、他の地方には見られない特徴ある料理を提供しているレストランが見られるのが面白いところです。

高級レストランも多く楽しみ方がいっぱい

庶民的な気軽に入れる飲食店も数限りなくありますが、高級レストランが多いので、特別な時間を特別な相手と過ごしたいという時にもってこいでしょう。
ホテルディナーなどのサービスも大都市を中心に多く見られ、それぞれのホテルレストランで趣向を凝らした料理を楽しむことができます。

また、同じフレンチレストランでも、月によって料理のテーマを変えて提供しているなど、いつでも違った視点での楽しみ方ができるところもあり、お店を選ぶ楽しみが増します。
バーが多いのも特徴で、いわゆる名物マスターが長年の歴史を支えて、多くの常連客と素晴らしい雰囲気を作っているお店も少なくありませんので、行きつけのお店を作るといいですね。

ベテランと若手の競合が見られるのが楽しい

近畿地方には、長年料理の世界で活躍してきた、ベテランシェフが料理を提供しているレストランもありますが、新進気鋭の若手シェフが新しい目線で新鮮な料理を提供しているところもあります。
同じような料理を作っても、作り手によって大きく異なる一皿になることもあり、そのような違いを楽しめるのもうれしいところです。

伝統あるどっしりとした料理を売りにしているところもあるかと思えば、若いシェフによるおしゃれで一風変わった料理が人気を博しているレストランもあります。
どちらもとても魅力的で、相手の好みやシチュエーションに応じて選んでみると良いでしょう。
いろいろ異なる雰囲気のレストランがあるのが、このエリアのメリットですので、事前にしっかりと調べて特別な時間を最高に楽しめるようにしましょう。