お酒について

お酒料理に欠かせないお酒

リッチなディナーには、おいしい料理に加えて、おいしいお酒が欠かせません。
フランス料理では、料理とワインの組み合わせを楽しむためにソムリエがいるなど、お酒の重要性が強調されています。料理の味を引き立て、さらなる味の深みを与えてくれるものとして、よく考えて選びたいものです。

フランス料理に限らず、和食でもイタリアンでもお酒と一緒に料理を楽しむことで、魅力が一層際立ちますので、料理を選ぶことだけに集中せず、お酒のチョイスにも気をかけると特別な時間を盛り上げてくれます。
そのため、ある程度ワインや日本酒、ウイスキーといったお酒の知識を持っていると良いでしょう。

シーン別に飲むお酒

料理と同じように、お酒も数え切れない程の種類があります。
もちろん、全てのお酒に通じるというのはなかなか難しいことですが、大まかなお酒の種類別を知り、どんなシーンで飲まれているかを知るのは肝心です。

おしゃれなバーに行ってグラスを傾けたいときなどは特に、お酒のことを知っているとよりその時間を楽しむことができます。
バーでは、ウィスキーを始めバーボンやカクテルなどが主に注文されますので、自分のお気に入りを持っていると、特別な人と一緒に飲む時もスマートですし、余計な気を遣わなくて済みます。

また、フランス料理を楽しみたいときには、食前酒と、料理と一緒に飲むワインのチョイスが欠かせません。お店によって全く違うワインリストを持っていますので、生半可な知識で格好いいところを見せようとするよりは、臣のソムリエの知恵に頼るのがベストです。

その時には、女性の好みを聞いてそれに合わせてあげるのが、男性側のマナーです。
その好みをソムリエに伝えて、お勧めのものを選んでもらうのが良いでしょう。
あまり量を飲めないのであれば、グラスで提供してくれるかを確認して、可能なら遠慮せずに頼むことができます。

お酒は値段の差が大きい

高級なレストランに行っても、料理自体の値段はそんなに大きくお店によって異なるわけではありません。
しかし、お酒の値段はものによって全く違うもので、文字通り桁が違うことも多々ありますので、後で慌てることのないようにしましょう。

日本酒でも高級なものにも万単位のものがありますが、ウィスキーやブランデー、ワインについては信じられないような値段がつくことがあります。
もちろん、普通はそんな超高級なものを飲むことなないかもしれませんが、話のネタに知っておくと面白いでしょうし、高級なバーなどに行くと、ディスプレイしていることもありますので、話題作りになります。

お酒の世界は大変深く、蘊蓄も限りなくありますので、勉強してみると楽しいことでしょう。