世界三大料理って?

料理世界中で受け入れられる料理

世界各地には、たくさんの料理があり、それぞれ独特の魅力を持っています。
その中でも、世界中で受け入れられ愛されている料理があります。
一般に世界三大料理と言われるもので、フランス料理、中華料理、そしてトルコ料理が挙げられます。

日本ではそれほどトルコ料理は発展していませんが、フランス料理と中華料理は、どこに行ってもレストランがあります。
また、高級レストランも多いので、特別な人と特別な時間を過ごすのにもってこいです。

ヘルシーなトルコ料理

あまり多くのレストランがないため、トルコ料理を試したことがない方も多いかもしれませんが、日本人にも馴染みやすい料理であるため、一回試すと気に入ることが多いと言えます。
というのも、トルコ料理は野菜を多く使うヘルシーな品がたくさんありますので、男女問わず気軽に食べられるという特徴を持っているからです。

中でもナスやトマト、豆類の使用が多く、ナッツ類やブドウやレモンなどの果物を組み合わせた料理が多く、ヘルシーであるものの、満足感があり新鮮味を感じることができるのがポイントです。
さらに、ヨーグルトを料理に活用しているものも多く見られ、さっぱりと食べやすいというのも日本人に向いているでしょう。

歴史を感じる中華料理

庶民的なチェーン店や個人店がたくさんある程、気軽に食べられ日本人に人気の高い中華料理。その特徴はやはり、バラエティに富んだ料理の数々でしょう。

長い歴史を持つ中華料理は、その歴史の中で完成度を増すとともに、バリエーションも大変豊かになってきました。
また、地方によって異なる食材や味付けを持っていますので、中華レストランと言っても、それぞれのお店で異なる料理が提供されるのも魅力です。

北京料理のような豪華で迫力のある料理が好きな人も、上海料理のような気軽に食べられ上品なものが好きな人にも対応することができる、懐の深い料理だと言えます。

高級感のあるフランス料理

技巧を凝らした調理法や複雑なソースの味など、世界中で愛されてやまないフランス料理は、日本でも高級料理の代名詞となっています。
庶民的な料理も多いものの、特別でリッチなものとしてのイメージが強いため、特別な時間を過ごしたいときにはフレンチということが多くなります。

多くのレストランでは、食材にこだわり時間をかけて調理をしているといった味に対する姿勢だけでなく、レストランの建物自体や内装、スタッフの対応などにも気を配り、高級感を出すよう努力しているお店が多いので、リッチなディナーなどを楽しむには最適のチョイスとなるでしょう。
味とともに雰囲気を楽しみたいという方には、とても良い料理と言えます。